暮らしのメモ

March 01, 2012

北緯36°線の風景

2012年3月1日(木)


上野の森

上野の森美術館で開催中の展覧会へ出かけました

小林豊展

小林豊さんの「日本画」と「絵本原画」の展覧会です。
会場には小林豊さんご本人も(奥様も!)いらして、つたない質問にさえ快く答えてくださいます。購入した絵本には、もちろんサインもしてくださいました♪ それはさておいても、とにかく良い展示でした!みせてもらえて本当によかった、と思える展覧会でした。

展覧会のテーマは
at 36° North Latitude 北緯36°線の風景

会場を入ってすぐの展示は、タイトル通り、この絵本の原画。印刷からは伝わらないような空気感も原画からは伝わってきて、すっかり魅入られてしまいます。(全体をご覧になる前に、まずはこの原画をみることをオススメします。より展示を楽しめるはず。)

えほん北緯36度線
えほん北緯36度線

その他、絵本原画はパグマン村の三部作。
せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち) ぼくの村にサーカスがきた (えほんはともだち) せかいいちうつくしい村へかえる (えほんはともだち)

そして、最新作!
とうさんとぼくと風のたび 
あれ?まだ発売前のようです。画像が公開されていません。会場では購入できましたけどね。

小林豊「風のたび」

上のチラシにもあるように、『水が日本をつくり 風が日本を育てた いのちは地上を吹く風に宿るという』という言葉が、昨夏、佐渡(この本だいすきの会・第29回子どもの本と文化の集い)での講演会でお聞きした話と、私の中で重なってゆきました。お尋ねしてみると『これ(この本)は日本の36°線なんだよ。』のお答え。実際に風景をたどれるそうです。ラストシーンは琵琶湖ですって。大陸から吹きくる風の入り口です。


どの絵からも「風」「光」を感じました。
『日本画も絵本も同じなんだよ。』と小林さんがおっしゃる通り、共通のメッセージを感じます。実際、「せかいいちうつくしいぼくの村 」の一場面は日本画・絵本原画の両方がみられましたよ


会期は3月6日までです。どなた様もお急ぎくださいませ




続きを読む

my02_ehon_wo_kakomou at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 26, 2012

プラタナス読書会

2012年2月26日(日)

今日はプラタナス読書会の納会。
プラタナス読書会は、小学校で子どもにお話を届けているボランティアグループの名称です。私の後を引き継いで代表を務めてくださったTさんが卒業なので、お祝いとお礼をお伝えしたくて参加しました。

小学校での読みがたりグループでは、OBが参加する会が多いようですが、当会の会員は現役のみ!つまり、我が子の卒業と共に、きっちりきっぱりと卒業してしまうんです!(中にいるときは気付かなかったけれど、珍しいことみたいですね。)そんな訳で人数の増減もあり、存続が危ぶまれた時期もありましたが、今は大勢の熱心なメンバーが活躍してくれています。パワーあふれるいい会なんです  

ともあれ、今日はOBながらも納会に混ぜていただいて、楽しいランチタイムを過ごしました。こんな仲間がいることが、私の誇りです

avanti 前菜 avantino

avantino  avantino

釜焼きのピザやデザート、もちろんワインなどもあったのに…
おしゃべりに夢中で撮り忘れちゃいました。
またしてもブロガー失格

今日の会場はAVANTINOでございました。
Yumiさん、幹事お疲れさまでした









my02_ehon_wo_kakomou at 23:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

February 24, 2012

『うわあい!』

2012年2月24日(金)

ふきたんぽぽ


「ゆきのなかに おはなが ひとつ さいてるぞ!」

そう!『はなを くんくん』を思わせる花でしょう?

この花は『ふきたんぽぽ』と言うのだそうです。
昨日、ぐるんぱさんにいただきました。
今朝、鉢の中をのぞいてみたら〜パッ かわいいお花が一輪
春の訪れが嬉しくて、一枚撮ったのでした。

ぐるんぱさん、ありがとう
皆さんにも、暖かい春が訪れますように!

my02_ehon_wo_kakomou at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 15, 2012

私のブームは「お野菜」

2012年1月15日(日)

美味しいと聞けば、すぐに食指を動かす私の今のブームはお野菜。それもカラフルなお野菜に夢中です。
昨年末、はじめてのお野菜に出会ったのでUPしてみました

これ、なあんだ
鶴首かぼちゃ


切ったらこんな感じ。
パパイヤじゃ ないですよ。
さつまいもでも ないですよ。
鶴首かぼちゃ

これは かぼちゃです。ぐるんぱさんにいただきました。(ありがとう

鶴首かぼちゃ という銘柄のようです。ピーラーで剥ける程に皮が薄く、実の下の方の膨らんだ部分にはタネがありますが、上部の細い部分にはタネがありません。

ぐるんぱさんに教えていただいたように、オーブンで焼いてみました。丸い部分のタネをくりぬき、上部の実をカットしたものを詰めて、バターとメープルシロップをかけて、オーブンに入れるだけ ピーラーで剥けるほどに薄いのにしっかりした皮が、器になるんです。
焼きかぼちゃ


焼きかぼちゃ
焼きかぼちゃの出来上がりで~す
       さあどうぞ

やさしい味わいで、おいしゅうございました
残りは、ほうとうやスープに入れて、これまた美味しくいただきました。


こちらは、市川真間駅前の『やさしい野菜屋さん』で買った野菜たち
真っ黒いのは黒大根ステーキ大根の名で売られていました。他の3本は人参です。
ステーキ大根

切り口は、こんな感じ。
切り口


大根はステーキに、人参は蒸して、鶏の網焼きと合わせてみました。3色の人参は、色だけじゃなく味わいもそれぞれ違うんです。人参の葉も、ごまたっぷりのサラダにして添えています。大根ステーキは、塩味と醤油味の2種。じっくり焼いた大根はとろりとした甘みと、お醤油の香ばしさで、癖になりそうです
鶏のソテーと大根ステーキ

大根ステーキ



サラダセットには、レタス、赤みのあるサラダほうれんそう、水菜、紫色のわさび菜、ルッコラなどがミックスされていて、美しく楽しいサラダができました。200円ほどで、一気にレストランのお味になりましたよ~これ以来「やさしい野菜屋さん」に行くのが楽しみで、毎回美味しいお野菜と出合っています。松戸市の太田原さんの野菜がびっくりするほど美味しいの。これからもお世話になりますっっっ

カラフルにんじん









my02_ehon_wo_kakomou at 23:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 04, 2012

おデート

2011年1月4日(水)

今日は夫君と映画を観ました。

MISSION:IMPOSSIBLE
 GHOST PROTOCOL 

MI4

遅まきながら、観にいけて良かった~♪
手に汗握ったり、思わず出そうになる悲鳴を飲み込んだりしながら、満喫してまいりました。何とも格好良くて、美しくて、楽しかったわぁ 
こんな映画が大好きです




my02_ehon_wo_kakomou at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 18, 2011

☆ Merry Christmas ☆

2011年12月18日(日)

アドベントシーズンも最後の一週間に入りました

今年は、生花のリースを飾ってみました見て楽しむだけでなく、香りも楽しめるんです

BlogPaint

生花リース

バラ・ガーベラ・数種のカーネションなど赤い花、ユーカリやコニファーなどのグリーンも、小さなリンゴも、全て生を使ったリース。一気に贅沢な気分になりました。

木の実のリースと一緒に玄関の壁にかけています
玄関


出窓にもシンプルなリースとスワッグ
出窓リース


リビングのツリー
リビングのツリー

オーナメントオーナメント

思い出のオーナメント


小さな庭に植えたトウヒのツリーもちょっとおめかし
門のツリー


大好きなカードも飾って、クリスマスを待っています。クリスチャンではないけれど、静かに暖かな時間を過ごしたいと思います。
ブレアのマリア  ブレアのサンタ


クリスマス絵本を紹介するには、沢山ありすぎて迷ってしまうので…、別のジャンルで…。
映画なら迷わずこれ!
ホワイト・クリスマス スペシャル・エディション [DVD]
ホワイト・クリスマス スペシャル・エディション 

I'm dreaming of a White Christmas
Just like the ones I used to know
Where the treetops glisten
And children listen
To hear sleigh bells in the sow

I'm dreaming of a White Christmas
With every christmas card I write
May your days be merry 
And bright
And may all your Christmas be white


そして、一曲選ぶならこれ!
John Lenon ”Happy Christmas"
http://www.youtube.com/watch?v=z8Vfp48laS8&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=yN4Uu0OlmTg




Merry Christmas to you all


















my02_ehon_wo_kakomou at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 01, 2011

原画展のハシゴです。

2011年12月1日(木)

目黒区美術館での『DOMA秋岡芳夫展』をみた後は、青山へ向かいました。目的地は2つ、青山ブックセンターとクレヨンハウスです。原画展が見たくて、足をのばしました。


ABC
青山ブッックセンター本店

100%ORANGE 本の原画展 です。
サンタ


ブタベイカリー
絵本『ブタベイカリー』の原画。

『よりみちパン!セ』などもありましたよ。

SUNAO SUNAO こども東北学 (よりみちパン!セ)  みんなのなやみ (よりみちパン!セ)





クレヨンハウス
クレヨンハウス

酒井駒子さん 『ビロードのうさぎ』原画展です。

ビロードのうさぎ


どちらの展覧会も,書店の一コーナーに展示されていて自由に見られます。やはり原画で見ると印象がちがうもの。足を運んだ甲斐があるというものです。

せっかく出かけた青山なのに、駆け足で見て回ってしまいました。一つ思ったのは、今年のクリスマスデコレーションは、かなり控えめなのかしら?ということ。暗くなるまでいたのに、表参道のライトアップもないし・・・と思って調べてみたら、なんと明日からでした・・・私にしてはめずらしく勇み足。

全国各地でも、明日12月2日からイルミネーション点灯がスタートするようです。今年の灯りは、復興支援のための希望の灯りとなりますように












my02_ehon_wo_kakomou at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

暮らし方を見つめなおそう!

2011年12月1日(木)

今日から師走。
時折冷たい雨のふる、グレーな一日。久しぶりに目黒まで出掛けました。目黒は、かつて仕事をしていた場所。もっと遡れば学生時代の教授のお住まいがあった場所…何度か訪れたお宅には、もう主はないのですが…、没後14年にして展覧会が開催されるというのです!エライぞ目黒区美術館!!

懐かしさいっぱいのお出かけとなりました

しかし、目黒駅さえ私の記憶のものとは変わっていて、ホームで迷子になりそうになってしまった~ ま、いい年の大人なので何とかして、いざ美術館へ。途中、権現坂には沢山ののぼりがあがっていました。目黒川のほとりにもポスターが掲示されています。


のぼり ポスター 目黒区美術館


目黒区美術館展覧会

DOMA 秋岡芳夫展

『モノへの思考と関係のデザイン』 展覧会概要




秋岡芳夫(あきおかよしお)(1920-1997)
童画家、工業デザイナー、生活デザイナー、木工家、プロデューサー、道具の収集家。


 私は学生時代に秋岡先生に出会いました。暮らしの中のモノとヒトの関係、モノを大切に使い、楽しく暮らす術を教えて頂きました。先生の講義には心酔していましたし、何より制作が楽しかったなぁ。鉛を埋め込んだ竹とんぼも作ったっけ。目黒のDOMAにも、中野のモノ・モノのもご一緒させていただいたのは、何とも楽しい時間でした。あぁ、お酒を囲む時間が好きになったのは、その経験からに違いない!たった今、気付きました

 それに、先生が童画家になりたかったことは全く知りませんでした。初山滋さんに師事なさったのですね。今の私が私が絵本のことや子どもの環境について考えるのに通じている気がして…、嬉しい発見でした

 先生とご一緒させていただいたのは、学生時代のわずか2年間でしたが、あれからずっと敬愛申し上げておりました。今となっては、お目にかかってお話はできませんけれど、改めて著作に教えを請いたいと思います。だって、先生が形として残されたモノや活動は今も息づき、今の時代に必要とされていますもの。

 是非、皆さんもお手にとって御覧ください!図書館で検索すれば必ずヒットします


[主な著作]
  • ABCの歴史(挿絵) (さ・え・ら書房)
  • あそびの木箱 (淡交社)
  • いいもの ほしいもの (新潮社)
  • 木と漆 (文化出版局)
  • 木のある生活(ティビーエス・ブリタニカ)
  • 暮しのリ・デザイン (玉川大学出版部)
  • 暮しのためのデザイン (新潮社)
  • 工房生活のすすめ (みずうみ書房)
  •  木 しらき(玉川大学出版部・玉川選書)
  • 食器の買い方選び方 (新潮社・とんぼの本)
  • 新和風のすすめ (佼成出版社)
  • 住 すまう(玉川大学出版部・玉川選書)
  • 竹とんぼからの発想 (講談社)復刊されました!
  • 創 つくる(玉川大学出版部・玉川選書)
  • デザインとは何かー伝統美と現代 (講談社現代新書)
  • 伝統的工芸品とデザイン (伝統的工芸品産業振興協会)
  • 日本の手道具 (創元社)
  • 木工-指物技法 (美術出版社・新技法シリーズ)
  • 木工道具の仕立 (美術出版社・新技法シリーズ)
  • 木工入門樹の器 (講談社)
  • 割ばしから車まで (柏樹社)復刊されました!


割ばしから車まで
割ばしから車まで


竹とんぼからの発想 手が考えて作る

竹とんぼからの発想 手が考えて作る


暮らしと器―日々の暮らしに大切なこと
暮らしと器―日々の暮らしに大切なこと
この一冊は、秋岡先生とグループモノ・モノの一員として活動なさってきた山口泰子さん著。秋岡先生のお考えがよくわかる一冊。毎日の暮らしで愛用するモノたちのことが、わかりやすく書かれていますのでオススメ。

モノ・モノにも是非足をお運びください。
 http://www.monomono.jp/


ここからは、オ・マ・ケ


目黒川 目黒川
目黒川の紅葉の様子です。両岸の桜の樹が紅葉していました。

アルコタワー
ここは、かつてのお勤め先。
ここから、坂を下り目黒通りに突き当たったところにある中国ラーメン店「揚州商人」。まだあった!という懐かしさに素通りできず、立ち寄ってしまいました。

no title
ワンタン麺(醤油味・刀切麺)
今はいろいろなメニューが人気らしいけれど、元々このワンタン麺が有名だったのよ。麺も太さは選べなかったよね。そのお味は…、懐かしくホッとする味でした


そして今日のおみやげは「玉川屋」さんのどら焼き
玉川屋(目黒)  バタどら
切ってみると、「バターどら焼」は緑がかっっていますよ。冨貴豆の餡なんです。「黒糖どら焼」は小豆餡。皮に(たぶん)入っている味醂の風味がほのかに香って、美味しいどら焼でした。
このお店にも古い記憶だけでたどりつけたのです。よかったよかった。おいしい記憶は忘れないのよねぇ。そうそう、店頭の栗蒸し羊羹があまりに美味しそうで、その場で口に入れたくなりました 


今日のお出かけは、まだまだ続きます。
この後、青山へ・・・  続きはコチラ











my02_ehon_wo_kakomou at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 13, 2011

ひゃくめがき !?

2011年11月13日(日)

昨日、里の両親が秋の実りを沢山届けてくれました。新米・じゃがいも・水菜・春菊・ネギ等々、とれたての畑の恵み
それと、沢山の柿
小さな頃から一番親しみのある柿でした。でも、これまで名前を知らずにいたんです。あまりに馴染みがあったもので、改めて名前を知ろうとも思わなかったのですが、ふと、「あ、この柿は市販されているのを見たこと無いなぁ」と気づき、尋ねてみたのです。すると、「ひゃくめ柿」と答えが返って来て、はじめてその名を知りました。


ひゃくめがき
うちの柿
 左が百匁柿  右が次郎柿


柿

ひゃくめ柿


 「百匁柿」と書きます。
 百匁=ひゃくもんめ=375㌘程
 それ程にまで大きな実がなるという柿

 黒い線状の模様は、甘みがのってくると現れます。
 切ってみると、黒い点々模様。この点々がお砂糖のように甘いのです。
 しかし不完全甘柿なので、色づいて模様が現れても渋味が残ったりします。



『百匁柿』は、私にとっては『おじいちゃんの柿の木』

…幾つの頃だったでしょうか…まだ幼稚園に通っていたのか、小学生になっていたのか、今となっては曖昧ですが、おじいちゃんが接ぎ木(つぎ木)してくれたことをはっきりと覚えています。家にあった柿の木が渋柿だったので、おじいちゃんの家の枝を持ってきて接いでくれたのです。ナタで少し割れ目を作り、枝を差し込み、縄で固定してくれた光景とおじいちゃんの姿をよ~く覚えています。

おじいちゃんが亡くなって、すでに30年以上たっているのに、毎年必ず柿は実り、私もおすそ分けにあずかっているのです。なんだかスゴイなぁ

おじいちゃんが好きな食べものは、りんごと落花生だったっけ。食べる度に思い出しています






my02_ehon_wo_kakomou at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 06, 2011

喜寿のお祝い

2011年11月4・5・6日

11月6日は義父のお誕生日。
喜寿のお祝いのために帰省しました
家族揃って、皆が元気でお祝いできることが何よりの喜びです。

おとうさん、喜寿おめでとうございます

喜寿のお祝い

カンパーイ おとうさんの希望で、祝い膳は中華です。
前菜 上海蟹スープ 唐揚げ エビチリ 海鮮炒め ステーキ 鮑となまこ おかゆ 

上海蟹のスープや、鮑となまこの煮物なども出てくるし、お店の方がお皿をカービングで飾ってくださったりと、美味しく楽しくお腹いっぱいいただきました

お膳を囲みながら、喜寿を迎えての抱負を尋ねると、迷わず答えが返って来ました・・・

ー 弓道を極めること。

ご自身の弓道を極め、更には指導中の高校弓道部を優勝に導きたいというのです。カッコいいなぁ
(そんな義父を支えるお母さんもまたスゴイんですよ。私も背筋を正して、頑張らなくっちゃ。)

お祝いの品は、これまたご本人の要望によりパソコンを贈りました

今後も、傘寿・・・米寿・・・卒寿・・・白寿・・・百賀とお祝いさせてくださいね








my02_ehon_wo_kakomou at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)