お気に入り♪

May 22, 2012

絵本で楽しむ「スカイツリー」

2012年5月22日(火)
本日正午 スカイツリーオープンです 

そこで、皆さまにこの本をオススメします 
子どもの本とあなどるなかれ
大人の私たちもワクワクすること請け合います
是非、お手に取ってご覧下さいませ。

しごとば 東京スカイツリー (しごとばシリーズ)
しごとば 東京スカイツリー (しごとばシリーズ)



ゆめのスカイツリー
ゆめのスカイツリー

こちらは、是非声に出して、谷川俊太郎さんの言葉のリズムも楽しんで下さいね

my02_ehon_wo_kakomou at 08:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 15, 2012

私のブームは「お野菜」

2012年1月15日(日)

美味しいと聞けば、すぐに食指を動かす私の今のブームはお野菜。それもカラフルなお野菜に夢中です。
昨年末、はじめてのお野菜に出会ったのでUPしてみました

これ、なあんだ
鶴首かぼちゃ


切ったらこんな感じ。
パパイヤじゃ ないですよ。
さつまいもでも ないですよ。
鶴首かぼちゃ

これは かぼちゃです。ぐるんぱさんにいただきました。(ありがとう

鶴首かぼちゃ という銘柄のようです。ピーラーで剥ける程に皮が薄く、実の下の方の膨らんだ部分にはタネがありますが、上部の細い部分にはタネがありません。

ぐるんぱさんに教えていただいたように、オーブンで焼いてみました。丸い部分のタネをくりぬき、上部の実をカットしたものを詰めて、バターとメープルシロップをかけて、オーブンに入れるだけ ピーラーで剥けるほどに薄いのにしっかりした皮が、器になるんです。
焼きかぼちゃ


焼きかぼちゃ
焼きかぼちゃの出来上がりで~す
       さあどうぞ

やさしい味わいで、おいしゅうございました
残りは、ほうとうやスープに入れて、これまた美味しくいただきました。


こちらは、市川真間駅前の『やさしい野菜屋さん』で買った野菜たち
真っ黒いのは黒大根ステーキ大根の名で売られていました。他の3本は人参です。
ステーキ大根

切り口は、こんな感じ。
切り口


大根はステーキに、人参は蒸して、鶏の網焼きと合わせてみました。3色の人参は、色だけじゃなく味わいもそれぞれ違うんです。人参の葉も、ごまたっぷりのサラダにして添えています。大根ステーキは、塩味と醤油味の2種。じっくり焼いた大根はとろりとした甘みと、お醤油の香ばしさで、癖になりそうです
鶏のソテーと大根ステーキ

大根ステーキ



サラダセットには、レタス、赤みのあるサラダほうれんそう、水菜、紫色のわさび菜、ルッコラなどがミックスされていて、美しく楽しいサラダができました。200円ほどで、一気にレストランのお味になりましたよ~これ以来「やさしい野菜屋さん」に行くのが楽しみで、毎回美味しいお野菜と出合っています。松戸市の太田原さんの野菜がびっくりするほど美味しいの。これからもお世話になりますっっっ

カラフルにんじん









my02_ehon_wo_kakomou at 23:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

August 19, 2011

なつやすみ⑤

2011年8月19日(金)

なつやすみに、ささやかな贅沢
気になっていたお店「セレブ デ トマト」から、お取り寄せしてみました

セレブ

カードには、カットの仕方まで書かれています
それぞれ指示のとおりにカットしてみました
プチトマトには、ブラックもあるのねぇ(写真右下)

ka-do いろいろ


写真だけでも、美味しさが伝わるでしょうか?
それぞれの味わいで、トマトの美味しさを満喫しました

サラダ



今年の夏休みは、ゆったりと過ごせました。
小さなイベントだけでも、家族で過ごせれば格別ですね





my02_ehon_wo_kakomou at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 17, 2011

なつやすみ③

2011年8月17日(水)

滝を見に行きたい
夫君の一言で、急遽ドライブすることになりました


でも、滝の前に一箇所寄りたいところがあるの
それは、井上スパイス

我が家のカレーに欠かせないカレールー「熟成カレー」入手のためです。
奄美の生ウコンを使っているので、体にやさしく、しかも美味しいの

取扱店は少ないし、最近まで通販もしていなかったので、
見つけては買いだめしていたのですけれど、
調べてみたら、実家からそう遠くないところに工場があり、
しかも売店があることがわかったのです
これは行かなくっちゃと、チャンスを狙っていたのでした。

っv 大きな風車が目印の「井上スパイス」

地元では、工場見学もできると、親子連れに人気なのだそうです。

売店には、お目当てのカレールーと、スパイス類がたくさん並んでいます!
なんと、「カレーかき氷の素」なんていうものも売っていますよ

  

商品を眺めていると、奥から社長さんも出てきて、「ナマステ」
奥の事務所にいらしたんですね。


こんなのも、ありましたよ
左は「カレーアイス」、右は「チャイアイス」

  
ありかも?と思う味
ジェラートが美味しい榎本牧場が作っているようです。

外に出てみると、
建物の外壁は、とても見事なグリーンカーテンに覆われていました。
幅20メートルほどもある、ゴーヤのカーテンです。
とても手入れが行き届いているのを、感心して眺めていたら、
お土産にゴーヤもいただいてしまいました
今夜はゴーヤカレーかな?

    

そうそう、カレールーは、
実店鋪では、ネットショップよりも少しお安く手に入りました。
しかも10袋もまとめ買いしたので、1袋おまけを付けていただいたのわ~い


さ、ここからが今日のメイン、滝へのドライブ
目的地は、黒山三滝です。コチラ
長いこと埼玉県民だったのに、知りませんでした
梅林で有名な越生にあります。

 no title   no title

       

車で近くまで行けますので、ほんの少しのハイキングで行けます。
滝の間近までいけるので、マイナスイオンをたっぷり浴びでリフレッシュ
思いがけないくらい、気持ちよく過ごせましたまた行こうね




さて、帰宅後は早速カレー作り。
お肉にはカレー粉で下味つけて・・・

    

仕上げにふったガラムマサラも、マジカラも風味を増してくれました。
ガラムマサラは、味を深め、(クミンが強くないのが好印象。クミン=インド料理ではないもの。)
マジカラは、ハバネロ入りとはいえ、決して辛いだけでなくスパイシーな風味を増してくれます。
買ってみて良かった~
熟成純カレー粉ガラムマサラ燃・マジカラ 



そうそう、カレーを煮込んでいる間に、ミントジュレップも楽しみましたよ。

 no title

 なつやすみにやりたいことリスト モヒートorミントジュレップを飲む 達成です




my02_ehon_wo_kakomou at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

May 13, 2011

こひつじ文庫

2011年 5月 13 日(金)

   斎藤惇夫さんの講演会終了後、昼食をご一緒させていただきました

   そのお店に向かって歩いている途中にあったカステラ屋さん『おだふじ』
   ・・・地元での有名店で、手土産の定番と聞き購入!
   ・・・と思ったら、なんとマーガレットさんが買ってくれました
   お言葉に甘えて、ありがたく頂戴してしまいました
 (ご馳走様です家族とおいしくいただきました )
no title


今日は甘えてばかりの私です
昼食のあとは、いよいよ「こひつじ文庫」へ
家庭文庫にお邪魔するのは、人生初でございます わくわく

マーガレットさんのご自宅は、2階の文庫のお部屋に続く外階段のあるお宅
家庭文庫にぴったりのお屋敷です~何とも素敵なお宅だったのですが、
特筆すべきは、そのお宅の構造などではなくて、雰囲気そのものが素敵なこと

お部屋そのもの、あるいは空間そのものが息づいているような印象でした
本も、喜んでいるような気がしました (うん、きっと本たちも幸せ

文庫主催のマーガレットさんやスタッフさんが選ばれた良書が所狭しと並び、
子どもたちが手に取りやすいように工夫されており、
とっても居心地のいい空間で、心地良くて・・・ずっとずっと居たくなる場所でした


そうそう、ちゃんと「こひつじ」もいましたよ

この子ですhitsuji


椅子なんです~
この子ひつじさんに座って、マーガレットさんが絵本を読んでくださいました

  ぜつぼうの濁点
  ぜつぼうの濁点 
  原田 宗典/作  柚木 沙弥郎/絵  (教育画劇)
  (ひらがなの国で起きたお話。高学年向けにおすすめ)


  そしたらそしたら (日本傑作絵本シリーズ)
  そしたらそしたら 
  谷川 俊太郎/文  柚木 沙弥郎/絵 (福音館書店)
  (絵がとてもイイ。楽しい本。小さなお子さんから)
  
さらに、
先日文庫にいらしたという、翻訳者・たなかあきこさんのことを伺ったり  コチラコチラ
ご自身のコレクションなさっているお宝本を見せてくださったり、
お話会におすすめの絵本を次々と紹介してくださったり、

もう、最高に贅沢な時間をいただきました 幸せ~

   ホントにホントにありがとうございました



    あ、なぜ上記2冊を読んでくださったかというと、私が手土産として持参しtたお菓子が、
    「柚木沙弥郎さん」のお孫さんがなさっているお菓子屋さんのものだったからなんです。
    沙弥郎絵さんデザインのクッキーなどが買える、かわいいお店なのです。hana
    (写真はマーガレットケーキと沙弥郎さんデザインのクッキーです。)
                                           ・・・余談でした。

margaret hanakago
 


my02_ehon_wo_kakomou at 22:32|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

May 02, 2011

出会い♫

2011年5月2日(月)
出会ってしまったんですもの
通り過ぎるなんて出来ませんでしたわ~
バムケロ展を観に行く途中だったのですけれどね。

松屋銀座7階【和の座ステージ】で開催中の ~小さくて愛らしいものたち~

・と~る(清水透/ヴェネチアン細密グラスアート)
・広井政昭(木工 こま)
・森音広夢(木工 極小細工)


お三方の作品が、どれも素晴らしくてびっくり!
と~るさんのグラスは、昆虫たちがとてもリアルに、かつ美しくて
そして、とっても小さな細工の森音広夢さんの作品に
sugarさんも私も、釘付けになってしまったのです

だるま

写真では感動は伝わらないかしら
一つ一つは、ピンセットでつまむような極小サイズのだるまなんです。
会場にいらした森音広夢さんご本人に了承を得て、写真を撮らせていただきました
一緒に写った定規が、少しは目安になるでしょうか?

私が感激したのは、その表情なんです 実にイイ、豊かな表情なのですよ

これらの作品はすべて張り子に着色したもの。
こんなに小さいのに、一つ一つ木型を作り、張り子を作り、彩色するんですって
拡大鏡がないと細部がわからない程小さいのに、裸眼で作成されるというのも驚き!

ミニサイズの達磨や招き猫の数々。
伝統的なものからオリジナルまでズラーリ。

no title

no title

no title

no title

この箱は、仕掛けになっているの
爪をひっかけるようにしてスライドさせると、なかから飛び出してくる仕掛け。
皇后陛下に献上なさったこともあるそうです。

この森音広夢さん、全て一人で手作りなさっています。
年に2回程度、どこかのデパートで展示販売なさっているそうです。
また、「手垢の付いたものは、人様には売らねぇ」という職人気質で
購入したものは、全て新たに作成して送ってくださるとのことでした

  帰宅後見つけたサイト・・・今は休止中のようですが参考までコチラ「時遊屋


さて、堪能したあとはバムケロ展へgo! 

そして、バムケロワールドを堪能した後、またまた出会ってしまったんです

no title
松屋から有楽町駅に向かう途中に出会った、この看板
そそられます~
「ボールペンとえんぴつ」「路地入る」(看板の文字)
・・・はいはい、路地に入りま~す なんて素直なわたし・・・

no title
こんな素敵にレトロなお店がありました お店の名は「五十音
震災の影響が残り、縮小して営業中でした。

クリップタイプのボールペンと愛用の赤えんぴつ(紙巻の!)を購入
no title

あぁ、嬉しい出会いたっぷりのお出かけでした






my02_ehon_wo_kakomou at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 23, 2011

美味しい幸せ

2011年4月23日(土)

久しぶりのラトリエ・ドゥ・シュク ル      
 
ドアを開けた途端に、キャラメリゼした香りに包まれしあわせ~
中では、カラカラと絶えず音がしています・・・

何かしら?と思っていたら、
巨大なボウルを抱えたシェフが出ていらして、「お味見どうぞ」って
一粒づつ手にのせてくれたのは、出来たてのチョコレート
中には、カリカリにローストしてからキャラメリゼした ヘーゼルナッツ
一粒で、こんなに幸せになれるなんて まさに口福です。

帰宅後HPを見たら、「ノアゼット・ショコラ」でした。

 ショコラ



今日の私のおやつはコレ
 no title
オレンジの風味が口いっぱいに広がります~
フレッシュのオレンジだけじゃなくピールやコンポートも使われており、
風味豊かな、なめらかなオレンジ風味のクリームと、さらには
チョコレートのムースとシャリシャリの食感の生地 とが層になっていて
ホントに幸せ 


他にも、家族が色々買っていましたが、
今日はじめて買ったのは、ブルーチーズのタルトとパン。
ケーキ屋さんで、こんないいもの売ってるなんて!と迷わず購入。
夕食に、赤ワインとともにいただきました   

 ブーチー no title
 
ブルーチーズの風味はほんのりで、食べやすいフィリングです。
粒こしょうのパンチがきいていて、まさに私好みの一品でした

4月12日から、販売開始という食パンは、
ふわっふわで、さすがケーキ屋さんの食パン!という一品です。
これまでの食パンも美味でしたが、また進化していましたよ~

家族で、美味しくいただきました。
この幸せに感謝  
 


my02_ehon_wo_kakomou at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 03, 2011

節分の本とアイデア

節分のお話会・読み聞かせにおすすめの本  

 おにのよめさん 

 岸 なみ/文  福田 庄助/絵 (偕成社)
 
伊豆半島中部に伝わる民話です。

むかし、伊豆の山奥につのが一本でちんちくりんの鬼がいました。
ふもとの村では日照り続きで困り果てています。
鬼は、「雨をふらしたら、娘を嫁にもらう」と一人の百姓と約束します。
雨は間もなくふりましたが、困ったのは百姓おやじどんです。
しかし約束だからと、3人娘のうち三番目の「おふく」が泣く泣く嫁入りしました。

鬼はおふくを大切にしますが、おふくは家に帰りたくてしかたがありません。
やがて季節がめぐり春になると、嫁入りのとき袂からこぼれた菜種に花が咲き、
家までの道のりをしらせてくれました!おふくは花をたどって家にかえりつきます。

でも、「今にきっと鬼がさがしにやってくる・・・」
母は、知恵をめぐらし、焦げるまで豆を炒って用意しておきました。
迎えに来た鬼に炒り豆をさしだし、「この豆に花が咲いたら迎えにおいで」と追い返します。
鬼は、まいても芽をださないので、再び節分に迎えにいくのですが
「まーだだ、まだだ。鬼はそと、ふくは内じゃ」と追い返されてしまうのです。

これが、節分に炒り豆を撒く由来。というお話しです。


節分になると、必ず読む本です。
小学生以上におすすめしますが、残念ながら絶版なんです
登場する鬼は、いたずらするわけでもないのに嫌われ、追い払われるので、
ちょっと切ない気持ちになってしまうのですが・・・好きなお話しです。


昨日、書店でのお話会でUさんが読んでくれた絵本もよかったのでご紹介します。
おばあちゃんのえほうまき (クローバーえほんシリーズ)おばあちゃんのえほうまき (クローバーえほんシリーズ)
著者:野村 たかあき
販売元:佼成出版社








恵方巻きは、私の子ども時代には無い風習でした。(関東では)
今は、コンビにでも予約できる時代ですけれどね。
私自身が聞き手になって、なるほど知ってよかったとも思えた本なので、ご紹介しました。
対象年齢は、「おにのよめさん」同様に小学生以上というところでしょうか。


節分におすすめの手遊び・わらべうた

『おにさの るすに』
 おにさの るすに
 まめいって がーらがら

 本来は、二人以上がが両手をつないで輪になって「ほうろく鍋」(あるいは釜)になり、
 その中に入れた子どもを「豆」に見立てて、がらがらと炒る、という遊びです。

 お話会・読み聞かせの場面にはふさわしくないので、
 左手をほうろく鍋(フライパン)に見立てて、
 その上で右手を前後にふって炒る真似をしています。


『まめっちょ』
 まめっちょ まめっちょ
 いったまめ ぽりぽり
 いんねまめ なまぐせ
 すずめらが まわっから 
 おれらも まわりましょ

 こちらも二人で両手をつないで輪になり、「まわりましょ」でくるっとかえる遊びもできます、
 (「なべなべそこぬけ」と同様の遊び方。

 お話会・読み聞かせの場合は、
 両手をそろえてお椀のかたち(鍋)をつくり、左右にふりながら歌います。
 

歌 『鬼は外 福は内』
 1番  鬼は外 福は内
     パラパラパラパラ豆の音 
     鬼はこっそり逃げていく
 2番  鬼は外 福は内
     パラパラパラパラ豆の音
     早くお入り福の神 


その他、節分にオススメのもの色々

これな~んだ
節分 折り紙


これなら、わかるかな
節分 折り紙

折り紙でつくった鬼とお福ちゃんです。
基本形は「箱」。
I小学童Bクラスの先生に教えていただき、早速真似してみました

節分 折り紙 鬼とお福 

中には福豆や飴「鬼のあしあと」を入れて、2つ一組でラッピング
2月2日のお話会にきてくれた赤ちゃんへのおみやげにお渡ししました。


他にも、鬼いろいろ・お福いろいろ・・・
節分 鬼 お福


折り紙は、お話会のとき胸にかざったり、おみやげに差し上げたりします

ちなみに、本日我が家のおやつはコレ
黒砂糖と玄米パフが香ばしい焼き菓子。
揚げずに、焼いてつくった「かりんとう」というようなイメージです。
その名も「鬼に金棒」ですよ~ (豆富本舗
節分


手土産には、姿も愛らしいコチラもおすすめです
鶴屋吉信の「福ハ内」です。季節限定品なので、また来年・・・

つばらつばらパッケージ


my02_ehon_wo_kakomou at 13:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

January 28, 2011

とっておきのパン屋さん

噂に聞いていたパン屋さん
週に3日、お昼時にしか開いていないのです。
やっとやっと、買うことが出来ました

という訳で、本日のランチはたまごサンド (写真左下)
香ばしくて、パリパリと歯切れもよくて、美味しかった~
フィリングのマヨネーズも手作りですって。
材料にも作り方にも、強いこだわりを感じます。
お店のディスプレイはヨーロッパの雑貨屋さんのようで、これもステキ

行ってみて!と言いたいような、
やっぱりナイショにしておきたいようなお店です

パンプル


今日買ったのは、
たまごサンド
オレンジブリオッシュ(オレンジの蜜煮入り・マカロン生地を乗せて焼いてある)
チョコレートブリオッシュ
クリームパン(自然卵のカスタードクリーム)   
チーズと胡桃と蜂蜜のパン(味わい深いフランス産胡桃使用)
などなど

チーズと胡桃と蜂蜜のパンを裏返してびっくり!
蜂蜜が生地から染み出ていますよ~
こんなの初めて
はちみつ好きにはたまりません
裏返したところ)
チーズと胡桃と蜂蜜パン



明日会うおともだちへの手土産も買いました
いちごのケーキです
フリーズドライのいちごと 
自家製ラズベリーのソースが焼きこんであるそうです。
楽しみだなぁ
いちごのケーキ



こんなに美味しいパンがあれば、
今日もとびっきりのティータイムになること、間違いなしです

no title

ところで、このお店は・・・
読んでいただいたので、せめて名前だけ・・・

     pain-ple






my02_ehon_wo_kakomou at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 15, 2011

柚子の恵み

たくさんの柚子をいただいたので、まずはそのまま飾って香りを楽しみました。
それから、いろいろ楽しんでいるのでご紹介を・・・

柚子の恵みいろいろです

no title

柚子は・・・
 皮は、お料理の仕上げに風味を添え
 果汁は、ポン酢や飲料になり
 お風呂に浮かべれば、体を温めてくれます

季節の食べ物には、その季節に合った恵みがたくさんありますね

柚子の使い方で、私のお気に入りは・・・

柚子茶

no title

私の作り方は、火をつかいません~!
でも、その分風味がとってもいいんですよ

作り方はいたって簡単
 ①塩をつかって、皮の汚れを洗い流します。
 ②2つに切ったら、果汁・タネ・皮に分けます。
  皮は食べやすい長さの薄切りにします。
 ③皮・果汁を保存ビンに入れ、蜂蜜を加えて混ぜます。

これで、出来上がり
冷蔵庫で1ヶ月ほどは保存できますよ。
はちみつレモンと同じような感覚でつくっています。
そのまま食べても、パンにつけても美味しいの

さ、ここで取っておいた「タネ」をつかって、もう一つご紹介!
*タネは、軽く洗って乾かしておけば、長期保存できます。

柚子ローション

no title

 ①日本酒(純米酒に限る!)を用意します。
 ②ゆずのタネを加え、とろみが出るまで一週間ほど待ちます。


これだけ!簡単すぎます~!!
保湿成分アップのために、ローズマリーを加えるのもいいですよ。

お料理の最中でも使えるから、便利なんです
クリームは気になるけれど、これなら安心してお使いいただけます

私は、小さなスプレーボトルにいれて、いつでもシュッとしています


寒い季節は、体の冷えも、お肌の乾燥も気になるものです。
自然の恵みをいただいて、元気に楽しく乗り切りましょ




my02_ehon_wo_kakomou at 23:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)