(子ども会主催)

May 31, 2012

おともだちさろん5

2012年5月31日(木)10:00〜12:00

 地域のマンションの子ども会主催「おともだちさろん」に行って来ました。
「おともだちさろん」とは、小さな赤ちゃんから入園前までのお子さんと保護者が集まる交流の場所。みんなで集まって、おしゃべりしたり遊んだりしましょう、という企画です。30分程を読みがたりの時間に、ということで私もお手伝いしています。


今日の参加者は、2歳の女の子が3人、そして8、9ヵ月の男の子が2人。
 皆さん時間通りに集まっていらっしゃいました。
 初参加の方ばかりですが、偶然にも年齢も同じの同級生同士です。

「おはよう」と声をかけると、突然Sちゃんが大泣き
 どうやら、自分を預けて、ママがお出かけしちゃうと思ったようです。
 Sちゃんは、落ち着いたらきっと入ってきてくれるでしょう。
 そう願いながらスタート。

会場には、本を並べたものの、おもちゃは全く出していませんでした。
 初対面の緊張を解くためにも、まずはお歌で自己紹介。
 次いで、本を4冊読みました。


 お歌で自己紹介
 おともだちどこでしょう

 恒例となってきたこの歌。
 今日はシフォンスカーフを持っていたので、スカーフを手渡しながら、
 持った人が自己紹介する、というルールで進めて行きました。
 一巡するころには、泣き止んだSちゃんも参加してくれましたよ

 
 ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))
 ぴょーん 
 まつおか たつひで/作 (ポプラ社)

 見ているうちに、からだがムズムズ
 いっしょにぴょーんしたくなってくるんですね。
 いつのまにか、一緒にぴょーんしてくれます。
 恥ずかしがり屋さんは、ママのおひざで見ています。
 

 はねはね はねちゃん (0.1.2.えほん)
 はねはね はねちゃん 
 なかがわ えりこ/作 やまわき ゆりこ/絵 (福音館書店)

 少し気持ちがほぐれてきた所に、もう一冊体を動かす本です。
 一緒に参加してくれるママもいて、にっこり笑顔になりました。
 (ここまで私・まいあが担当。この後Dさんにバトンタッチ。)


 いいおへんじできるかな (あかちゃんのあそびえほん)
 いいおへんじできるかな 
 きむら ゆういち/作 (偕成社)

 ねこちゃんやぴぃちゃんになりきってお返事。
 ラストに出てくるホットケーキは、みんなでパクパク食べる真似。
 すっかり打ち解けて楽しんでくれました。




 おふろだいすき (だいすきえほん)
 おふろだいすき 
 いまむら あしこ/文 たるいし まこ/絵 (ほるぷ出版)


この4冊で、一旦終了。この後は個別に、選んでくれた本を読みました。
 私は、Kちゃんと
 ももんちゃん あーん (ももんちゃんあそぼう)ももんちゃん あーん を読みました。


11時には、保健士の小田切さんがお見えになり、
 育児についてお話してくださいました。
 子どもの話ばかりでなく、
 ママたちの心身のケアにもふれられ、皆さんでストレッチも!
 さらに、個別の相談にも応えてくださり、有意義な時間でした。

その間、私は小さなレディたちと遊んでおりました。
 この時間には、おもちゃも出して、ブロックなどで遊びましたが、
 何と言っても一番人気は
 「シフォンスカーフ」だったことを特記しておきたいと思います
 スカーフ一枚、ハンカチ一枚あれば、子どもは自分で遊びを生み出し、
 嬉々として楽しむことを忘れずにおきたいと思います

my02_ehon_wo_kakomou at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 17, 2012

おともだちさろん 4

2012年4月17日(火)10:00~11:30am

 地域のマンションの子ども会主催「おともだちさろん」に行って来ました。
「おともだちさろん」とは、小さな赤ちゃんから入園前までのお子さんと保護者が集まる交流の場所。みんなで集まって、おしゃべりしたり遊んだりしましょう、という企画です。30分程を読みがたりの時間に、ということで私もお手伝いしています。


「今日は、おもちゃ無しでやってみましょう!」と提案。
 コミュニケーションの場ではありますが、
 おもちゃがあれば、当然興味はそちらに向かいます。
 おはなしの時間だからって、
 夢中になっているものを取り上げることはできないでしょ?
 そこで、はじめは何も出さずに、
 おはなしの時間にしようと思っていたのです。
 もちろん、手遊びなども用意して行きました。


しかし・・・今日の来場者は1組・・・
 2歳になったばかりの「たいちゃん」とママ、一組だけでした
 どうやら4月に入り、保育園・幼稚園に入園なさった方が多いようなのです。
 それに、とても気持ちのいい朝でしたから、陽気に誘われお出かけの方も

 実は、たいちゃんの前にもう一組見えたのですが、
 スタッフ三人が出迎えたら、びっくりして逃げちゃったのです
 (驚かせて、ごめんなさい!)
 たいちゃんは、人見知りしない子で、一緒に遊んでくれました。


おはなし会にはならなかったけれど、本で一緒に遊んでみました。
 たいちゃんは、どの本も楽しんでくれました。


 このゆび なあに (てのひら絵本)
 このゆび なあに
 五味 太郎/作 (偕成社) 

 表紙のロボットの鼻のところ・・・穴が空いているのわかりますか?
 ここへ指を入れてピクピクすると、もう夢中!
 中のページは、ねこ・ぞう・ぺんぎんなど。体の一部に穴があります。
 ママが指を入れるのもいいけれど、お子様の小さな指が入ると、
 なんとも可愛らしい動きになるんです。
 ボードブックなので、お出かけのお供にオススメします。



 にこにこ かぼちゃ (あかちゃん絵本)
 にこにこ かぼちゃ 
 安野 光雅/作 (童話屋)

 絵本の中は、安野さんの細密なタッチで描かれた野菜や果物たち。
 それだけでも美しいのに、楽しい仕掛けがあるのです!
 透明なプレートが2枚付属していて、 
 一つにはにこにこのお顔、もう一つには困ったお顔が描かれています。
 それをイラストに重ねれば・・・この、表紙のようになるという訳。
 シンプルな仕掛けですが、置く場所によって様々な表情にみえてきて、
 出来映えの素晴らしさに、思わずうなってしまいました。
 何度も何度も楽しめますよ!




 きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)
 きんぎょが にげた 
 五味 太郎/作 (福音館書店)

 絵探しの絵本。
 あまりに有名なので説明は割愛しますが、
 2歳になったばかりの「たいちゃん」は、手渡すのにピッタリの歳。
 よく観察して、探してくれました。
 お子さんに手渡す時は、ヒントを出しちゃ駄目ですよ~!!



来月の「おともだちさろん」は、保健士さんをお招きする予定です!



続きを読む

my02_ehon_wo_kakomou at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 06, 2012

おともだちさろん 3


2012年3月6日(火)10:00〜11:30AM

 地域のマンションの子ども会主催「おともだちさろん」に行って来ました。
「おともだちさろん」とは、小さな赤ちゃんから入園前までのお子さんと保護者が集まる交流の場所。みんなで集まって、おしゃべりしたり遊んだりしましょう、という企画です。30分程を読みがたりの時間に、ということで私もお手伝いしています。

第1回の様子は、私のレポートでおともだちさろん
第2回の様子はあっきーのブログをご覧くださいおともだちサロン(2回目)



今日は、のべ8組の親子さんがいらっしゃいました。
 1、2歳児・男の子が中心でした。 
 中には、会場のマンション内に帰省中の坊やもいて、
 おじいちゃま、おばあちゃまも会場にお出かけくださいました。

出入り自由、何をしても自由の会場なので、
 お話会をきっちり成立させるのは難しく、
 今日は遊びとおしゃべりが中心となりました。
 それもまたよしですが、
 お話を楽しみにしてくれる方には申し訳ありませんでした。

 全員揃って聞く体制ではなかったのですが・・・
 まずは、シフォンスカーフで

 「にぎり ぱっちり たてよこ ひよこ

 瞳をキラキラさせて喜んでくれる子がいて、
  心が洗われるような思いで楽しみました。
  次いで、卵つながりでこの本を・・・
 
 たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)
 たまごのあかちゃん 
 かんざわ としこ/文 やぎゅう げんいちろう/絵 (福音館書店)


子どもは子ども同士。
 いつの間にか一緒に遊びだします。
 互いに関わり合う場所があるのは、とても良いことだと思います。
 会の進行は、まだまだ手探りですが、良い形でお手伝いできるよう、
 これからも携わって行きたいと思います。

my02_ehon_wo_kakomou at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 20, 2011

おともだちさろん 初

2011年12月20日(火)

地域のマンションの子ども会主催「おともだちさろん」のお話会に行って来ました。

「おともだちさろん」とは、小さな赤ちゃんから入園前までのお子さんと保護者が集まる場所。みんなで集まって、おしゃべりしたり遊んだりしましょう、という企画の第一回!主催者も参加者もはじめてのことで、手探り状態ですが、これからも月1回ペースで続けていくことになりました。子育て中の親子を応援する企画…喜んでお手伝いします!なんていう意気込みでしたが、逆にこちらが癒されたかも・・・

お手伝いといっても絵本を読むしか脳のない私は、「おはなしコーナー」に参加しました。
参加者は、のべ13組の親子。(出入り自由です。)子どもは6ヵ月~5歳まで15名程。0.1.2歳児が中心でした



まずは、Aさんが担当。皆さんの丸い形に座ってもらい、歌いながらお名前を聞いていきました。一緒に歌ううちに、はじめての顔合わせの緊張も解けてゆきます。

 ♪ おともだち おともだち どこでしょう?

 ここです ここです ここにいます
 「◯◯(お名前)です。◯歳です。」(などと自己紹介)

 あら ステキなおなまえね♪


次に私、まいあ。0歳向けの本を読みました。

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
もこもこもこ 


じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
じゃあじゃあびりびり 


ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))
ぴょーん 


ぶーぶーぶー (0.1.2.えほん)
ぶーぶーぶー (0.1.2.えほん)


次にDさん。幼稚園児も参加してくれたので、少しお姉さん向きの本も読んでもらいました。


ゆきゆきゆき(サンチャイルド・ビッグサイエンス)


てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)
てぶくろ


読んでみて感じるのは、0歳の赤ちゃんたちの真っ直ぐな眼差し やっぱり、よ~く聴いてくれるんです。聞くと言うより、全身で味わっている感じがします。ママに抱っこで、ゆったりと味わってくれるんです。イイ時間ですね。

おはなしコーナーをご一緒したお二人は、『ぴょーん 』を読んだときの子どもたちの反応の良さに驚いていらっしゃいました。ページをめくるのを待ち構えて、一緒にぴょーんと飛ぶんですよね。読んでいても楽しい一冊です。

私が印象的だったのは、『じゃあじゃあびりびり』を読んでいた時、もうすぐ2歳になるという男の子が手を伸ばしてきて自分でページをめくり(ボードブックは、小さな手でもめくりやすいんですね)、あかちゃんのページでは、泣いている赤ちゃんを撫でていたんです その表情を見せてもらえる私も幸せです。この本が愛され続ける理由が、よ~くわかる出来事でした。(子どもが喜んでくれるし、きっと読んであげる親たちにも、かけがえのないものをくれるんですよね

・・・『もこもこもこ』を、もう4回も繰り返し読まされました。買ったほうがいいでしょうかね?・・・
というお母さんもいらっしゃいました。1歳の女の子でしたけれど、おはなしコーナー終了後の自由時間に、並べておいた本の中から選び取り、お母さんにせがんでいたようです。こんな様子が見られるなんて、本の渡し手として嬉しい瞬間です!お母さん、是非買ってあげてくださいませ~

また来月、どんな絵本をお届けできるか、楽しみにしています。





my02_ehon_wo_kakomou at 19:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 10, 2011

子ども会主催イベント

2011年7月10日(日)

地域のPCマンション「子ども会」からお声がかかり、お話会にでかけました
今回は、プラタナス読書会OGとして、助っ人を努めます。


一週間前に、ランチミーティングをして、準備も整えてきたのですが・・・
     打合せの様子は、あっきーがブログにまとめてくれていますコチラ
     本番の様子もあわせて御覧くださいませ~コチラ


幼稚園児くらいの年齢の子10名くらいを想定していたのですが、
実際には、子どもだけでも40名以上と、予想外の大盛況。
うれしい悲鳴です 
年齢層は、抱っこの赤ちゃん(0歳児)から小学3年生まで。
さらには、その親御さんたちも集結し、大賑わいでした。

うれしい反面、対応しきれなかったことに歯がゆさを感じています
初めての企画で、蓋を開けるまではわからないことばかりでした。
会場の前の方の子は楽しめたようですが・・・。
「イベント」での1コーナーとしてお話会をするにあたり、
もうすこし配慮が必要でした。(反省)



  no title  no title
この倍ぐらいのギャラリーでした。

お届けしたプログラムは・・・

1.手袋人形 『パンダ (まいあ)

2.絵描き歌 『かたつむり』『まるまるちゃん』『かえる (あっきー)

3.  (まいあ)
 ぴょーん (ポプラ社のよみきかせ大型絵本)
 ぴょーん 
 まつおか たつひで/作 (ポプラ社)


4.  (あっきー)
 バルバルさん (こどものとも絵本)
 バルバルさん  
 乾 栄里子/文 西村 敏雄/絵 (福音館書店)


5.手遊び 『あんぱん食ぱん』  (あっきーを中心に全員で)


6.  (ba-baさん)
 なにをたべてきたの
 なにをたべてきたの
 岸田 衿子/文 長野 博一/絵 (佼成出版社)


7.  (Doさん)
 にじいろのさかな (世界の絵本)
 にじいろのさかな 
 マーカス・フィスター/作 (講談社)


8.  (まいあ)
 こどものとも0.1.2.
 がたん ごとん がたん ごとん ざぶん ざぶん
 (こどものとも0.1.2.えほん)
 安西 水丸/作 (福音館書店)




  no title
こんな場面も。
絵本の前に近づいてきた子を、お膝に抱っこ。
とても自然で、暖かな雰囲気でした。
さすが、あっきー


この日のイベントは、『音楽と絵本のアフタヌーン』
私たちの読み語りの後は、皆さんで歌うコーナーです。
(ここで、退出させていただきました。)


会場には、抱っこの赤ちゃんも大勢集まっていて、
交流の場にもなっていました。出会いの場でもあるようです。
これを機に、年齢別のお話会など、はじめられるといいですねぇ







my02_ehon_wo_kakomou at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)