お話会いろいろ

February 20, 2013

子どもが喜ぶ本の条件

この本だいすきの会・小岩支部の例会に出掛けました。
ここは、私の古巣。別の支部で活動している今も、時間があれば出掛けて行きます。本日のテーマは「実践報告」。幼稚園で、小学校で、そして家庭で読んだ本を紹介し合います。以下、私の心に触れた本をピックアップしておきます。


ピッツァぼうや
ピッツァぼうや 
10人程度の参加者のなか、4人もの人が話題にしていました。何たる偶然!こういうことが度々おこるのがEK支部例会の面白さ。きっと、この本には何かがあります

 
ふたごのしろくま くるくるぱっちんのまき (講談社の創作絵本)
ふたごのしろくま くるくるぱっちんのまき 
あべ弘士さんの「ふたごのしろくま」シリーズ。どこかで読んでみたい本


ゆきおんな (むかしむかし絵本 22)
ゆきおんな 
幼稚園児のお子さんに読んでいる方、小学3年のクラスで読んだ方の紹介。私は、ちょっと怖くて読めなかったけれど、手に取ってみようかと。


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))
海のいのち 
担任の先生のリクエストにより、小学6年生の全クラスで読んだ学校がありました。中高生への読みがたりにも使えそう。


絵本 化鳥
絵本 化鳥 
これは、絵も装丁もすごいぞぉ!手に取ってじっくり読みたい本。ただし大人向けなので、自分のお楽しみに。



 本日の例会には、初参加者もいらっしゃいました。
小学1年生のクラスへ読みがたりなさっているものの、読むべき本・読むといい本がわからず悩んでいる、とご相談がありました。その相談をうけて、小松崎進先生にアドバイスをお願いしました。


小松崎先生のアドバイス
 
 注意すべきは、新しい本をさけること!読み継がれて来た本を選ぶといいでしょう。たとえば、『三びきのやぎのがらがらどん』は喜びますね。今日紹介された中では、『はなのすきなうし 』『
おおきなかぶ』など。

三びきのやぎのがらがらどん―ノルウェーの昔話 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) はなのすきなうし (岩波の子どもの本 (11)) おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)がらがらどん




 どんな本がいいかは、人と話し合ううちに集約されてくるのですが、子どもが喜ぶ本とは、以下の条件が整っているものです。

【 子どもが喜ぶ本・3つの条件 】

  繰り返しで話がすすむこと

 「あぁ、よかった」という結末

  擬音語・擬態語が適切に使われていること


その条件を満たすものと考えたとき、もっと日本の昔話を読んで欲しいと思います。


そして最後に一冊、本を読んでくださいました。

ももうりとのさま (語り伝えたい日本のむかしばなし)
ももうりとのさま 

あぁ、これって絵姿女房なのですね〜♫





 

my02_ehon_wo_kakomou at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 10, 2011

子ども会主催イベント

2011年7月10日(日)

地域のPCマンション「子ども会」からお声がかかり、お話会にでかけました
今回は、プラタナス読書会OGとして、助っ人を努めます。


一週間前に、ランチミーティングをして、準備も整えてきたのですが・・・
     打合せの様子は、あっきーがブログにまとめてくれていますコチラ
     本番の様子もあわせて御覧くださいませ~コチラ


幼稚園児くらいの年齢の子10名くらいを想定していたのですが、
実際には、子どもだけでも40名以上と、予想外の大盛況。
うれしい悲鳴です 
年齢層は、抱っこの赤ちゃん(0歳児)から小学3年生まで。
さらには、その親御さんたちも集結し、大賑わいでした。

うれしい反面、対応しきれなかったことに歯がゆさを感じています
初めての企画で、蓋を開けるまではわからないことばかりでした。
会場の前の方の子は楽しめたようですが・・・。
「イベント」での1コーナーとしてお話会をするにあたり、
もうすこし配慮が必要でした。(反省)



  no title  no title
この倍ぐらいのギャラリーでした。

お届けしたプログラムは・・・

1.手袋人形 『パンダ (まいあ)

2.絵描き歌 『かたつむり』『まるまるちゃん』『かえる (あっきー)

3.  (まいあ)
 ぴょーん (ポプラ社のよみきかせ大型絵本)
 ぴょーん 
 まつおか たつひで/作 (ポプラ社)


4.  (あっきー)
 バルバルさん (こどものとも絵本)
 バルバルさん  
 乾 栄里子/文 西村 敏雄/絵 (福音館書店)


5.手遊び 『あんぱん食ぱん』  (あっきーを中心に全員で)


6.  (ba-baさん)
 なにをたべてきたの
 なにをたべてきたの
 岸田 衿子/文 長野 博一/絵 (佼成出版社)


7.  (Doさん)
 にじいろのさかな (世界の絵本)
 にじいろのさかな 
 マーカス・フィスター/作 (講談社)


8.  (まいあ)
 こどものとも0.1.2.
 がたん ごとん がたん ごとん ざぶん ざぶん
 (こどものとも0.1.2.えほん)
 安西 水丸/作 (福音館書店)




  no title
こんな場面も。
絵本の前に近づいてきた子を、お膝に抱っこ。
とても自然で、暖かな雰囲気でした。
さすが、あっきー


この日のイベントは、『音楽と絵本のアフタヌーン』
私たちの読み語りの後は、皆さんで歌うコーナーです。
(ここで、退出させていただきました。)


会場には、抱っこの赤ちゃんも大勢集まっていて、
交流の場にもなっていました。出会いの場でもあるようです。
これを機に、年齢別のお話会など、はじめられるといいですねぇ







my02_ehon_wo_kakomou at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)