April 22, 2013

学童おはなし会


I小学童・Bクラス 2013年度・第4回(通算114回)
【 日 時 】2013年4月22日(月)14:00~
【 対 象 】Bクラス 1〜3年生 18名(1年6+2年10+3年2)
【スタッフ】Yさん・Maia
【プログラム】

1.わらべ唄(Yさん)
『でこやま でこちゃん』
 でこやま でこちゃん いたずらで
 けむしを 2ひき つかまえて
 ちょうちょの はねを ひっぱって
 おはなを ぺちゃんと ふんずけて
 アッカンベーして にげちゃった ぶー


2.絵本(Yさん)
おひさまをほしがったハヌマン―インドの大昔の物語「ラーマーヤナ」より (こどものとも世界昔ばなしの旅)
おひさまをほしがったハヌマン
―インドの大昔の物語「ラーマーヤナ」より 



3.絵本(Maia)
バナナのはなし (かがくのとも絵本)
バナナのはなし 


4.絵本(Maia)
皇帝にもらった花のたね
皇帝にもらった花のたね 



【memo】
  • 20日(土)がオープンスクールだったので、今日は振替休業日。学童Bクラスの出席者も、通常の半分程です。1年〜3年まで計18名の参加でした。私達がお教室に着いた時には、皆でドラえもんのビデオを見ていましたよ。(食後の一休みだったようです。)
    外遊びに出たくウズウズしている子もいて、「今日は短くして!』なんて言っていたのですが、お話が始まると見事に集中していました。絵を見たくて、少しずつ前ににじり寄ってくる子もいて、かわいいものです。
  • 全体を通して、一番印象的なのは、大変静かで落ち着いているという事。
    先週担当の方も同様の報告をくれましたが、本当に、無駄なツッコミもなくなり、とてもよくお話を楽しんでくれています。

  • おひさまをほしがったハヌマン』は、インドの昔話。
    とても人間臭い神様、ハヌマンのお話です。Yさんは語りにも使われますが、今日は絵本で。インドらしい雰囲気にあふれる絵も魅力的でした。

  • 物語が続かぬよう、合間にかがくの絵本を一冊。
    バナナのはなし 』とても身近な果物なのに、新しい発見がたくさんある絵本です。(私の大好きな一冊。かがくのとも月刊誌から、最近ハードカバーになりました。)

  • 皇帝にもらった花のたね 』は中国の昔話です。
    導入として、表紙をみせて、花の名前を知っているか尋ねてみると
    ・・・答えられません
    そこで、質問を変えて、見た事はないかときいてみると
    ・・・校庭の土俵の上に咲いている、と答えてくれました(3年女子)
    そうそう、藤の花ですよ
    すると、◯◯公園で咲いてるよ〜、などの声も上がりました。

    読み始めると、細かな絵にも注目しながら、お話の世界を楽しんでくれているのを感じました。

  • 藤の花が校庭に咲いていると答えてくれた女の子は、『私、本だ〜いすき♡ 一番長い本を読んで!』と言ってくれました。
    嬉しいな〜
    普段は1年生にしか読めないけれど、待っていてくれるのですね。そういえば、今日も一番前の一番真ん中に座って聞いてくれたっけ。
    とてもいい笑顔でした


my02_ehon_wo_kakomou at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) 【学童クラブ】おはなし会 |  (学童Bクラス)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字