中学3年間の読みがたり記録学童おはなし会

March 11, 2013

学童おはなし会


I小学童・Bクラス 2012年度・第42回(通算108回)
【 日 時 】2013年3月11日(月)15:00~15:30
【 対 象 】Bクラス 
【スタッフ】Aさん・Kさん
【プログラム】

1.手遊び(Yさん)


2.絵本(Yさん)
おおかみと七ひきのこやぎ―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)
おおかみと七ひきのこやぎ


3.絵本(Mさん)
かあさん、わたしのことすき?
かあさん、わたしのことすき? 


4.童話絵本(Kさん)
おさるのおうさま (どうわがいっぱい)
おさるのおうさま 



【memo】

本日は、Kさんのレポートでお届けします。

始めは少し騒いでいた子どもたちですが、Yさんの手遊びで集中したのか、物語に引き込まれていきました。

①は古典として有名ですが、「知らない」という子どももいて、新鮮なようでした。あらすじは知っていても、最近のアニメ絵本ではおおかみは死なないストーリーに改変されてる話が多いので、「おおかみ死んじゃうんだ!」と驚いてる子もいました。

②は子どもがお母さんに「私がどんなふうになっても好き?」と問いかけていくイヌイットのお話し。お母さんにはいつも、どんな自分でも受け止めて欲しいという子どもの気持ちに共感しているようでした。

③はシリーズもので、すでに6冊めですが、「また?」という声もなく、じっくり聞いてくれました。おなじみのおさると繰り返しの文章は安心感があるようです。それでも作品ごとに違うメッセージが込められているのが解るのですね。

三冊をじっくり聞いたためか、読み終えた途端、寝転んでしまった子が数人いましたが、いつになく静かに集中して聞いてくれました。




my02_ehon_wo_kakomou at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) 【学童クラブ】おはなし会 |  (学童Bクラス)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
中学3年間の読みがたり記録学童おはなし会