中学生への読みがたり学童おはなし会

March 08, 2013

中学3年間の読みがたり記録

 我が子の通う中学校では、10年以上も前から「朝の読みがたり」が続いています。私は2年前から加えていただいて活動してきました(参加当初の記事はコチラ)。毎回、メンバーが本を持ち寄り、その中から選書していくのですが、学年行事や季節などに合わせて選ばれています。
 今日紹介するのは、この春卒業する3年生が在校中に読んでもらった本の一覧です。

【1年生のとき ー2010年度ー】
1学期
おきなわ 島のこえ―ヌチドゥタカラ(いのちこそたから) (記録のえほん (3))
おきなわ 島のこえ―ヌチドゥタカラ


2学期
 レオナルドと空をとんだ少年 (アンホルトのアーティストシリーズ)
レオナルドと空をとんだ少年 


3学期
黒グルミのからのなかに
黒グルミのからのなかに


【2年生のとき ー2011年度ー】
1学期
牛をかぶったカメラマン―キーアトン兄弟の物語
牛をかぶったカメラマン―キーアトン兄弟の物語 


2学期
じぶんの木 (えほんのぼうけん 8)
じぶんの木 


3学期
風切る翼
風切る翼 


【3年生のとき ー2012年度ー】
1学期
アンネの木
アンネの木 


2学期
しあわせの石のスープ
しあわせの石のスープ 


 以上、全8冊。子ども達の心に、何が届いたでしょうか。
とても良く聞いてくれる子ども達でした。真っ直ぐに見てくれる眼差しも好きでした。陰では「時間がつぶれるから黙っているだけ」「本当は聞いてないよ」などの子ども達の本音も聞こえてくるのも現実ですけれど、そんなことは洟から承知の上ですもの、聞こえないふりをしています。その場では反抗している子も、ずっと後になって思い出すこともあるでしょう?本ってそういう部分があるものです。

 全部ならべてみると、私自身も読んでない本がありました「我が子の読んている本は、出来る限り自分も読むこと!たとえ漫画でも!」とは、某先輩からいただいた言葉ですが、これらの本は目の前にいる子ども達のために選ばれた本ですもの、なおさらの事、必ず読んでおきたいと思います
 
 今春は、私も卒業生の母ですつまり、我が子が読んでもらった本の記録でもあるのです。読みがたりしてくださった皆様、サポートしてくださる先生方に、心より感謝申し上げます 
これからも、この活動が続いていきますように

 

my02_ehon_wo_kakomou at 06:00│Comments(2)TrackBack(0) 【中学校】朝の読みがたり 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あっきー   March 12, 2013 06:22
3年間の記録、とても参考になりました。
また、「我が子の読んている本は、出来る限り自分も読むこと!たとえ漫画でも!」なるほど、そうですね。
ちょうど昨日、病院の待合いで長男に
「keitaと読んだ本のことをしゃべりあうのは、、ママが一番うれしいことなんだー」といったところです。
私がずっとすすめていた古田さんの「宿題ひきうけ株式会社」を待合にもってきて読み始めたことがとてもうれしかったので。
ずっとこの伝統が続くといいですね!
2. Posted by まいあ   March 19, 2013 00:16
中学校でお話を届け続けるのは、結構エネルギーがいるものです。
この活動を初めた方にも、続けてこられた方々にも感謝しつつ、記録を残しました。

あっきーは、二人の子にしっかりと本を手渡してますよね〜
私も、しっかり自分の子と向き合わねば!まだまだ修行が足りません・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
中学生への読みがたり学童おはなし会