子どもが喜ぶ本の条件スガンさんのヤギ

February 25, 2013

学童おはなし会


I小学童・Bクラス 2012年度・第40回(通算106回)
【 日 時 】2013年2月25日(月)15:00~15:30
【 対 象 】Bクラス 19名(1年生18名、2年生1名)
【スタッフ】Tさん・Yさん・まいあ
【プログラム】

1.絵本(Tさん)
へんてこ へんてこ (創作絵本シリーズ)
へんてこ へんてこ 


2.絵本(Yさん)
ぼく、お月さまとはなしたよ (児童図書館・絵本の部屋)
ぼく、お月さまとはなしたよ 


3.紙折り話(Yさん)
『コートのおはなし』
 藤田浩子のおはなしの小道具セット 2―すぐに使える藤田浩子のおはなしの小道具セット 2 より


4.絵本(まいあ)
ききみみずきん (いまむかしえほん)
ききみみずきん (いまむかしえほん) 



【memo】

  • T家では、今、長新太さんの本がブームなのだとか。その中から一冊『へんてこへんてこ』を読んでいただきました。『キャベツくん』や『ゴムあたまポンたろう』も、いつか読んでもらえそうです。
  • 『ぼく、お月さまとはなしたよ』は、お月さまに誕生日プレゼントをしようとするクマくんの姿が可愛くて、優しいお話。月の返事が山びこだと気づく子もいて、その面白さも楽しんでいました。静かに心にしみてくるお話です。
  • 『コートのおはなし』は、ポスター大の紙にを半分に折りながら、お話します。初めはコート(等身大ぐらいに見えます)、まずはジャケットに作り直し・・・次第に別の何かに姿を変え、大切に使われます。
    このお話は、私が見たくてリクエスト。私も子どもも想像しながら楽しみました。
  • 『ききみみずきん』も、いくつかの絵本が出版されているのですけれど、今回は岩崎書店より2012年に刊行された本を読みたくなり、選書しました。(広松由希子さんの文は声に出して読みやすかったですし、それとなくシャレもきいていて楽しいのです。)
    日本の昔話なのに、知らない子が多いようでした。しかしながら、さすが昔話!全員がこちらを向いて聞いてくれているのを感じながら読みすすめていけました。
    帰り際に「私も、これ欲しいな」と言う女の子がいたのですが…なるほど、頭巾が欲しかったのですね!タイトルを指でなぞって「き・き・み・み・ず・き・ん」と確認している姿が印象的でした

 



my02_ehon_wo_kakomou at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) 【学童クラブ】おはなし会 |  (学童Bクラス)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
子どもが喜ぶ本の条件スガンさんのヤギ