パウル・クレー展子ども会主催イベント

July 09, 2011

II支部例会記録 2011年7月「実践報告」

2011年7月9日(土)
この本だいすきの会・II支部 7月例会(通算14回)

 事務連絡
 この本だいすきの会の企画をご案内

 ●7月29~31日 「第29回 子どもの本と文化の夏の集い〈佐渡集会〉」

 実践報告
 学校・学童での実践報告。そして、ご家庭で読まれている本・・・
 本の画像と共に、以下の点につき記載しますので、参考になさってください。(順不同)
  ①誰に読みましたか?・・・Whom?
  ②なぜ、この本を選びましたか?・・・Why?

  学校・地域で(集団に) 
プログラム…グリムの語りを中心としたプログラム
 ①マザーグース
 ②語り『七話のカラス』
 ③絵本『
ピーターのいすエズラ=ジャック=キース/作 (偕成社)      
       ピーターのいす (キーツの絵本)
 ④ピクチャーボックス『おもちかぞえうた』
Whom?学校で 小4のクラス
Why?  孫のクラスでの語りの依頼をうけてのプログラム。
  はじめて語りを聞くクラスだが、集中力すごい。
  グリム独特のひきつけ方が魅力。
  
  
読んだ絵本
 きょだいな きょだいな(こどものとも絵本)
 きょだいな きょだいな
 長谷川 摂子/文 降矢 なな/絵 (福音館書店)
Whom?幼稚園
Why?  園の絵本サークルとして、大型絵本を読んだ


 ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
 ももたろう 
 
松居 直/文 赤羽 末吉/絵 (福音館書店)
Whom?学童
Why?  昔話絵本の中でも、版を重ねたものは素晴らしいので


 ひ・み・つ (たばたせいいちの絵本)
 ひ・み・つ 
 田畑 精一/作 (童心社)
Whom?学童1年生に
Why?  七夕の季節なので



 しりとりのだいすきなおうさま (チューリップえほんシリーズ)
 しりとりのだいすきなおうさま 
 中村 翔子/作 はた こうしろう/絵 (鈴木出版)
Whom?ひまわり学級
Why?  じっくり時間をかけて読もうと用意した。とてもいい反応。



 おなら犬ウォルター
 おなら犬ウォルター
 ウィリアム・コツウィンクル、グレン・マリー/作 (サンマーク出版)
Whom?小学2年生(朝読み)
Why?  はじめてのクラスなので、王道の楽しい本を選んだ。


 おとうさんのちず
 おとうさんのちず
 ユリ・シュルヴィッツ/作 (あすなろ書房)
Whom?小学2年生(朝読み)
Why?  難しいかと思い、地図も用意して足跡を示しながら。



 おかあさん、げんきですか。 (絵本・いつでもいっしょ)
 おかあさん、げんきですか。
 後藤 竜二/作 武田 美穂/絵 (ポプラ社)
Whom? ①小学校4年生(朝読み) 学童


 どろぼうがっこう (かこさとしおはなしのほん 4)
 どろぼうがっこう 
Whom?小学校4年生(朝読み)
Why?  自分のお気に入りの一冊。ほとんどのクラスに読んだ。


 ひみつのカレーライス
 ひみつのカレーライス
 井上 荒野/作 田中 清代/画 (アリス館)
Whom?小学4年生(朝読み)
Why?  暑さに負けぬよう、元気になる楽しい本を!と選んだ。


 1つぶのおこめ―さんすうのむかしばなし
 1つぶのおこめ―さんすうのむかしばなし
 デミ/作 (光村教育図書)
Whom?小学4年生(朝読み)


 ともだちやもんな、ぼくら
 ともだちやもんな、ぼくら
 くすのき しげのり/作 福田 岩緒/絵 (えほんの杜)
Whom?小学校(朝読み) 2年 5年
Why?  夏休み前にぴったりのお話。


  家庭で
 鳥の巣いろいろ ころちゃんはだんごむし (かわいいむしのえほん) 
 
 はれときどきぶた (あたらしい創作童話 13) りんごのおじさん (おはなしのほん)
  


 小松崎先生のコメント

 ● 『きょだいな きょだいな』は、読み方に工夫をしましょう!
  拍子をつけて、「あ~ あったとさー」
  「こどもが100にんやってきて・・・」の後には 間をあけましょう。
  聞いている子どもは、一緒になって考えますよ。

 ●『おかあさん、げんきですか。』 は、必ず裏表紙も見せましょう!
  絵本は、裏表紙にもお話の続きがありますから、必ず見せてください。

 ●6月はじめ、佐渡のある小学校でお話をしました。
  1~6年合同という依頼。年齢差があり難しいが、よく聞いてくれた。
  どうやら、普段からお話を読んでもらっている子どもたちらしい。
  読んだ本は、『もこもこもこ 』 『コッケモーモー!』『3びきのかわいいオオカミ』『へっこきよめさ』
  
  『もこもこもこ』 の「もこ」は様子をあらわす言葉。
  様子や音をあらわす言葉が、子どもをひきつけているんだ。

 ●最後に一冊、読んでいただきました。 
  no title
  へっこきよめさ
  小松崎 進/文  梅田 俊作/絵  (メイト)


my02_ehon_wo_kakomou at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) 支部の皆様へ | この本だいすきの会

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
パウル・クレー展子ども会主催イベント