I小・学童B お話会S書房 お話会

February 02, 2011

おはなしのつどい

2011年 2月2日(水) Kプラザ「おはなしのつどい」

インフルエンザによる学級閉鎖で、読み手の一人はお休みとなりました。
感染していなくても、動向の気になるインフルエンザ
自分ひとりの問題ではありませんもの。
皆さん、お互いに予防に努めましょうね

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

[日  時] 2011年2月2日(水) 10:30~11.:00
[対  象] 6
ヶ月の赤ちゃん~2歳児まで、延べ8組の親子       
[読 み 手] Sさん・Uさん・まいあ
[プログラム] 絵本9冊 + 手遊び2つ(含む詩一編) 

1. 
 おはよう
 おはよう
 中川 李枝子/作  山脇 百合子/絵  (グランママ社)

2.
 もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
 もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
 谷川 俊太郎/作  元永 定正/絵  (文研出版)

 生まれたばかりの赤ちゃんさえ、興味を持ってみてしまう本!
 今日はUさんが読んでくれました。
 続いて、同じ作家さんによる新刊です。

3.
 ココロのヒカリ (みるみる絵本)
 ココロのヒカリ (みるみる絵本)
 谷川 俊太郎/作  元永 定正/絵  (文研出版)


4.
 だーれかな だーれかな (とことこえほん)
 だーれかな だーれかな (とことこえほん)
 カズコ・G.ストーン/作  (童心社)

 Sさんの選書。
 ♪『だ~れかな だ~れかな?』歌うように読まれたので
 皆あっという間に引き込まれ、ニコニコです!
 絵本に近づいてきたり、ぞうさんがドッシーンと歩く様子を真似たりして、
 全身で楽しんでくれました とってもイイかんじ

5.
 はりねずみ かあさん (0.1.2.えほん)
 はりねずみ かあさん (0.1.2.えほん)
 まつや さやか/文  M・ミトゥーリチ/絵  (福音館書店)

6.手遊び 『にぎりぱっちり』
 ひよこ色のシフォン布を手ににぎりこんで、
 わらべうたの『にぎりぱっちり』をしました

 ♪ にぎり ぱっちり たてよこ ひよこ
   にぎり ぱっちり たてよこ ひよこ
   ぴよぴよぴよ

7.
 たたくとぽん (たまごのほん)
 たたくとぽん (たまごのほん)
 寺村 輝夫/作  和歌山 静子/絵 (あかね書房)

 この本をよむときは、『ぽん』のところで手をたたくお手伝いをしてもらいます。

8.

 赤ちゃん本のベストセラーのひとつだと思います。
 0歳児も夢中になり、何回も繰りかえし読んでとせがまれる本。
 物の名前と音だけのほんですが、
 「音」にとても惹きつけられて聞いている様子がわかりました。
 ファーストブックの一つしてお勧めしたい本です。

9.
 くつしたくん (ブロンズ新社のFirst Book Series)
 くつしたくん (ブロンズ新社のFirst Book Series)
 中川 ひろたか/文  100%ORANGE/絵  (ブロンズ新社)

 読む前に、『みんなは、くつした履いてるかなぁ?』と問いかけてみたら、
 その声に反応したのか、自分のくつしたを脱ぎだした子がいたんです
 まだ10ヶ月の男の子ですよ~
 ママも不思議がっていましたけれど・・・きっとわかったんだよね
 私自身が大好きな一冊です。

10.
 かお かお どんなかお
 かお かお どんなかお
 柵原 良平/作  (こぐま社)

 今日も沢山の表情をみせてくれたので、最後の一冊に選んだのですが、
 途中でこわがって、ママにしがみついていた女の子がいました・・・(ゴメンネ!)
 楽しいだけの本だと思っていたので、新たな発見でした。
 感受性が強いんですね~

11.詩・手遊び
 『あたまは てんてんてん』
 まど みちお/
 
 あたま ほっぺ くち と、順番にタッチしていくのですが、
 2歳の子は、すっかり真似してくれました。
 自分では動けない赤ちゃんも、ニコニコ笑顔で遊んでいましたよ
 無理やりひっぱられて、イヤそうな赤ちゃんもいましたけれど・・・
 ママたちが覚えるために、後ろからひっぱったからだと思います。

 お家では、お膝に抱っこで、向かい合って、見詰め合って遊んでくださいね

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

明日は節分、明後日は立春です。
でも、赤ちゃん向けには絵本は難しそうなので、選書しませんでした。
そのかわり、お土産をお渡ししました
折り紙で折った鬼とお福です。箱になっているので、中に飴を一つ入れました。
ささやかですけれど・・・季節の行事は大切に伝えて行きたいと思っています。
鬼とお福 

今日の私は、プログラム6以降を担当しました



 


my02_ehon_wo_kakomou at 22:00│Comments(2)TrackBack(0) 【赤ちゃん】おはなし会 |  (公共施設主催)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ba-bamama   February 05, 2011 11:14
赤ちゃんのお話会の記録を読むと、いつもとっても
ほんわか優しい気持ちでいっぱいになります。
karen は、かおかおどんなかお が大好きだったので、
糸がゆるんでボロボロですが大事にとってあります。
“ いたずらなかお ”を“ イシシのかお ”
と呼んで気に入っていました、あぁ懐かしいな~
・・折り紙のお土産、心がこもっていてかわいらしくてステキですね
2. Posted by まいあ   February 08, 2011 22:45
「かおかおどんなかお」は、私にとっても大切な一冊です。
2歳の頃、同じマンションに住んでいた3人組が集まると、
必ず読んでいたのが、この本です。
といっても、おともだちのママが読んでくれていたのですけれどね。
あの経験があるから、今の私があると思っているの・・・
一緒に聞いていた子どもたちの沢山の表情は、今も私の宝物です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
I小・学童B お話会S書房 お話会